Geo-Design ジオデザイン 一級建築士事務所株式会社

「家の3D」作成サービス

Google スケッチアップを使って「家の3D」を作ると新築・リフォームが12倍楽しくなる!!

一生に一度の家造りは、人生最大のイベントです。
家を建てるからには、楽しみながら満足できる家造りにしたいですよね。

でも、いったいどんな家が出来上がるのか?

完成するまでイメージできずに不安に感じていませんか?

そこで、家造りの強い味方になってくれるのが「家の3D」です。

3Dとは、パソコンの中で家を立体的に作り、いろいろな角度から自由に見たり
部屋の中に立って室内の見たり
家の中を歩いてみたり
壁や床の色を変えてみたり
家具をレイアウトを考えたり
完成する前の家がどんな風になるのかが一目でわかるのはもちろん
完成後にしか分からなかった問題や課題が色々シュミレーションができます。

また、お客様と工務店とのイメージの共有がとてもしやすく
完成時の不満やトラブルがほとんどなくなり
家造り満足度がとても高まります!

楽しい家造りをサポートしてくれるソフトが
グーグルの「スケッチアップ」です。

家の「3D」を作れば今までにない、全く新しい家造りが体験できます。

GeoDesignへのお問い合わせはこちらから

スケッチアップソフトとは

グーグルが無料で提供している3D作成ソフトです。
誰でも自由にインターネットからダウンロードして使うことが出来ます。

操作方法も簡単!
少し使い方を覚えればすぐ使えます!
家具や家電などの備品データも無料で使えます。

Google SketchUp

このボタンをクリック

スケッチアップソフトについてのリンク情報

グーグルスケッチアップについての解説 (ウイキペディア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/SketchUp

グーグルスケッチアップホームとのリンク

http://www.sketchup.com/ja

グーグルスケッチアップの3D素材とのリンク

http://sketchup.google.com/3dwarehouse/

http://www.cg-off.com/index.html

外部サポートとのリンク

スケッチアップの使い方

http://jyongman.fc2web.com/it/sketchupindex.html

http://www.gsu.jp/tutorial

GeoDesignへのお問い合わせはこちらから

3Dと模型やパースとの違いって何?

パースとは

建物の外から見た様子や内部の部屋の様子を「絵」として分かりやすく見せるもの

★パースの欠点
・描ききれない部分がたくさんある
・描く枚数に応じて時間とコストがかかる

パースとは

模型とは

実際の建物を小さく作り、外から見た様子や内部の部屋の様子を分かりやすく見せるもの

★模型の欠点
・作り込むほどコストがかかる
・保管するのに場所を取る 邪魔になる

模型とは

3Dとパースや模型との大きな違いとは

一番の大きな違いはパソコンの中で「いろんなシュミレーション」ができること!
家が完成するまで分からなかったこと
気付かなかったこと
検討できなかったこと
自分で簡単に「いろんなシュミレーション」ができることです。
あらかじめシュミレーションができれば、家造りのいろんな問題点が解決できます。
それでは実際にどんなことが出来て、どんなメリットがあるのか見て行きましょう!

「家の3D」を作ると、どんな事ができるの? どんなメリットがあるの?

建物の外観、内観をあらゆる角度から自由に見る

普通の紙図面では、なかなか完成後の家をイメージすることは難しいですよね。
しかし、「家の3D」を作れば、完成した家の外観や内観を
いろいろな角度から自由に見ることができ
完成後の家を臨場感たっぷりに体感できます。

家の内部を見る

家の外観を見る

部屋の中を歩いてみる!

完成前のお部屋を自由に見れたらどんなに嬉しいことか。
それができるんです!
お部屋の様子を見たり
お部屋の中を歩いて移動したり
実際に家の中に立ったような感覚が体感できます。

部屋の中を歩いてみる

自分でお部屋の模様替えができる

壁紙や床材の見本を見て選んでも、実際にお部屋の雰囲気がどうなるのかは
なかなかイメージできませんよね。

そんな時に「家の3D」を作っておけば、壁や床の色、家具の色も自分で自由に変えて
お部屋の雰囲気を楽しむことができます。

また、実際の素材をメーカーホームページからダウンロードしたり
デジカメで撮影した素材を壁や床に貼り付けることもできるので

さらにリアルにお部屋の雰囲気が体感できます。

部屋の壁紙を替えてみる

部屋の床材を替えてみる

素材を取り込んで使う

お部屋のレイアウトを家族で考える

家が完成して「しまった!」と思う事にコンセントやスイッチの取り付け位置があります。

家具をレイアウトしたら、タンスの後ろにコンセントが隠れてしまったなんてことがよくあります。

コンセントやスイッチの位置は、家族のライフスタイルを考えないとなかなか決まりません。

かといって、工事中に家具を持ち込んで検討する・・・なんて出来ないですよね。

そこで「家の3D」を作っておけば、持っている家具や購入予定の家具を3Dで作り
家の中に配置してレイアウトを検討できるので、スイッチやコンセント、
エアコン、エアコン室外機の位置を決めるのに役立ちます。

その他に
どんな大きさの家具だったら、邪魔にならないか?

その家具を入れたら残りの部屋のスペースがどれくらいになってしまうか?など
「家の3D」ならではのシュミレーションで便利さが広がります。

また、お気に入りの絵や時計などを飾ろうと考えたとき
何処に飾れば良いか自分でいろいろシュミレーションして
取付用の下地補強を入れてもらう位置も決めることが出来ます。

家具のレイアウトを決めてコンセント・スイッチの位置を決める

絵を飾るための下地を検討する

たくさんのパーツ素材が無料で使える!

スケッチアップの中に「3Dギャラリー」という
インターネット上の素材倉庫のような所があります。
全世界の人が作った3D素材を自由に使うことができます。
椅子や机など好きな素材をダウンロードして使うことができ、色なども変えることができます。

たくさんのパーツ素材が無料で使える!

家の日当たりがわかる!

今までの家造りで日当たりまで検討できるなんて考えられませんでした。

しかし、「家の3D」を作成すれば
建てる家にはどんな日差しが部屋に入ってくるのか?

どこに庭を造れば日当たりはがいいのか?

洗濯物がよく乾きそうなポイントはどこなのか?

お花のプランターを何処に置いたら良く日に当たるのか?など

一年を通じて「何月何日の何時ごろの日当たり」といった細かな日当たりを見たり
1日を通じて移動する日当たりを動画で見る事ができます。

また、周りの建物のから受ける日陰や逆に与える日陰がどうなるのかも
シュミレーションできます。

日当たりがシュミレーションできる!

家の断面を自由に見る

家の好きな部分のバッサリ切って、また違う家の様子を見ることができます。

家の断面を自由に見る

ドアを開けたり、窓を開けたりなんてこともできます

窓を開ける

ドアを開ける

将来的なリフォーム時の大切な資料になる

「家の3D」が役に立つのは、なにも新築を建てる時だけではありません!
将来的なリフォームの時にもとても役立ちます。

お子様が増えたり、成長に伴い、壁紙を貼り替えたり

部屋に間仕切りを入れて2部屋に分割したり

勉強机を購入する時に大きさやレイアウトを検討したりといろいろ役立ちます。

お子様以外でもリビングの模様替えや家具の購入

外壁の塗り替え

キッチンの入れ替えなどのリフォームにも「家の3D」があればとても便利です!

将来的なリフォーム時の大切な資料になる

グーグルマップに家を置いてみる

スケッチアップには、グーグルマップと連携する機能が付いています。
グーグルマップの上に家をカンタンに載せることができます。

グーグルマップに家を置いてみる

工務店側とイメージの共有がしやすい

家造りのトラブルでもっとも多いのが「想像していたものと違う」という、お客様の不満です。

そんな時、「家の3D」を作成すれば立体的に説明できる事はもちろん
お客様自身がいろいろシュミレーションし、考えた事を工務店側も実際に見て
確認できるのでイメージ共有がとてもしやすく、お客様の満足度を高めることができます。

3D作成サービス内容

家まるごと作成

あなたの家をまるごと3Dデータを作成します。
3D作成費 80,000円(税抜)
全国どこでも承ります!

【作成費に含まれるもの】

●3D図面データ作成(延べ床面積125㎡以下)

【別途費用を頂くもの】

●図面がない場合の建物実測調査費及び交通費
●125㎡を超える延べ床面積の建物
●外構の3D作成(外構を含む3D作成についてはご相談ください)

GeoDesignへのお問い合わせはこちらから

3D作成サービスの流れ

3D作成サービスの流れ

GeoDesignへのお問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください メールフォームはこちら

専用ログイン