Geo-Design ジオデザイン 一級建築士事務所株式会社

住まいの耐震診断

こんなお悩みをお持ちの方・・

「まずは家の耐震化!」とお考えのあなたに!!

住まいの耐震診断 GeoDesign

地震は 必ず 起こります!何よりも 命を守る ことが大切です!

我が家のどこが地震に弱いの? 地震に強い家にするにはどうすればいいの? 工事費用はどれくらいかかるの? 絶対に知っておく必要があります! それにはまず、プロの耐震診断が必要です。

耐震に不安を感じている方迷わずご相談下さい!

GeoDesignへのお問い合わせはこちらから

なぜ日本は地震が多いの?

この世界地図を見ると地震は、プレートの境界で起こっていることが分かります。 日本は、4枚のプレートが重なる位置にあり、 世界中で発生する地震(震度5 以上)の20%以上が日本で発生しています。

【地震発生のしくみ】 (気象庁)

http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/know/jishin/about_eq.html

今、最も心配されている「南海トラフ地震」

東海・東南海・南海地震(南海トラ フ地震)は「地震三兄弟」と呼ばれ 過去に連動して発生しています。 中でも東海地震は159 年間発生し ていないことから膨大なエネル ギーを蓄えている可能性が高く、 東海地震を引き金に3 つ同時に発 生し、広範囲に甚大な被害をもた らす可能性が今、最も心配されて います。

地震の確率予報(30年以内)

地震の度に多くの人命が失われる

阪神・淡路大震災の場合

阪神・淡路大震災の倒壊の被害

阪神・淡路大震災における犠牲者の死因

http://www.bousai.go.jp/kaigirep/hakusho/h14/BOUSAI_2002/html/zu/zu120403.htm

http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/taisaku_wg/pdf/20120905_02.pdf

耐震補強していれば 「救えたかもしれない命」がたくさんある!

どんな家が耐震診断必要なのか?

2000年(平成12年)以前に建てられた家

阪神淡路大震災での被害を元に改善された新基準に適合していない建物については、補強が必要です。
詳しくは Youtube動画 を御覧ください。

http://youtu.be/dVvK5vP7c_s


窓の多い家・窓の配置バランスが偏っている家

窓が多く、壁面積の少ない家窓が南面などに偏っている家も地震に弱い。

窓の多い家・窓の配置バランスが偏っている家


シロアリ通り道(蟻道)が基礎の周囲にある家

シロアリに土台や柱を侵食されている家は 耐震性が低下します。

シロアリ通り道(蟻道)が基礎の周囲にある家


雨漏り跡や湿気が多いと感じる家

壁や天井にシミ、キッチン前の床・お風呂の脱衣室の床がぶよぶよしているなど壁の中・屋根裏・床下の湿気で柱・梁が劣化していると耐震性が低下します。

雨漏り跡や湿気が多いと感じる家


ドアや引き戸が開閉しづらくなってきた家

壁や天井にシミ、キッチン前の床・お風呂の脱衣室の床がぶよぶよしているなど壁の中・屋根裏・床下の湿気で柱・梁が劣化していると耐震性が低下します。

ドアや引き戸が開閉しづらくなってきた家


【ハザードマップ ポータルサイト】 (国土交通省)

http://disapotal.gsi.go.jp/

耐震診断の流れと価格

※延床面積120 ㎡を超える建物は要相談

STEP 01 まずは、耐震診断を行い耐震性の確認

現地調査

ヒアリング・間取りスケッチ(平面図)
屋外調査・屋内調査・屋根裏調査・床下調査


耐震診断

耐震診断書の作成・診断結果の説明
※耐震診断は精密診断方法にて行います


5
万円
(税別)

耐震性に問題がなければ補強工事の必要ナシ◎
STEP 02 次に補強計画と工事費用算出

補強計画作成

補強計画書の作成・補強後の耐震性の説明


工事費用作成

具体的な補強工事費・リフォーム工事費を 算出し内訳書の内容を説明


15
万円
(税別)

STEP 03 次に補強計画と工事費用算出

工事業者選定

工事価格の適正さ、技術力、
人間性を踏まえて選定


工事監理

実際の工事に不具合がないかチェック・記録


家のサポート

工事完了後の不具合・疑問を解決したり定期的に家の健康診断サポート (無料)


20
万円
(税別)

その他のオプションサービス

家の3D図面データ作成

8万円 (税別)


省エネリフォーム診断
省エネ計画・工事費算出

省エネ診断書

8万円 (税別)



※ステップ1,2,3、オプションサービス、それぞれの組合せによって割引があります。

弊社独自サービス

見えない部分も確認し、より正確な診断を行う

目視では、確認できない部分も特殊な機器を使って確認します。
目視調査データのみを元に診断するのではなく、柱や梁の接合部等を実際に調査したデータを元に診断することでより正確な信頼性の高い診断結果を得ることができます。

耐震診断結果をわかりやすく解説

数字ばかりの診断結果ではなく
表や絵をシュミレーション動画を使ってわかり易く解説いたします。

耐震診断書


生活動線に配慮し予算に近づく補強計画の立案・見積作成

コンピュータ任せではなく、住人の意見を聞きながら補強計画を立案。
安価にしっかりした補強をしたい人にも対応し補強工事費を算出いたします。

補強計画書

見積書作成


耐震診断のプロとしての資格を取得

耐震のプロ集団「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」に所属。
技術や情報を共有し、常に「家の安心向上」を目指しております!

実際の工事を確認し資産価値を高める「家のカルテ」の作成

家は家族の
大切な資産です。

20年経っても価値を保ち続けることが必要!
資産である「家の情報」を見える化します!

よくあるご質問

昭和56 年(1981 年)以前に建てられた家が耐震に問題アリと聞いていますが平成12 年(2000 年)以前に建てられた家にも耐震診断が必要とはどういうことでしょうか?

昭和56 年に大幅に耐震基準が改正され、これが「新耐震基準」と呼ばれています。しかし、その後、阪神淡路大震災の発生を受け、更に耐震基準が見直され、平成12 年(2000 年)に現在の耐震基準が確立されました。であるため、平成12 年以前に建てられた家は、現在の耐震基準を満たしていないおそれがあるので、まずは、耐震診断する必要があります。
Youtube に分かりやすいニュース番組があります。
または「 首都圏ネットワーク震度7 に備える 」で検索出来ます。

【NHK首都圏ネットワーク2012・04・23放送】 (Youtube)

http://www.youtube.com/watch?v=dVvK5vP7c_s

「無料耐震診断いたします」という会社のチラシを見ましたが
御社の「有料耐震診断」との違いは何ですか?

本来、耐震診断だけを無料でしている会社はありません。
診断後のリフォーム工事受注が真の目的です。問題なのはいい加減な耐震診断をする会社です。弊社は家の安心のプロとして一般診断ではなく精密診断し、分かりやすく説明しお客様のライフスタイルに適した補強計画を提案しています。
詳しくは「 弊社独自サービス 」を御覧ください。

補助金や減税制度は活用してもらえる?

活用は可能です。
但し、自治体の提示する条件やお客様の生活水準によって変わってきます。
まずは、ご相談下さい。

【木造住宅の耐震補強について】 (滋賀県)

http://www.pref.shiga.lg.jp/h/kenchiku
/kenchikushidoushitu/sumai/taishin/0211taishinhokyou.html

【木造住宅耐震改修助成事業について】 (京都市)

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000119010.html

補強工事にかかる費用の目安はどれくらいですか?

建物の大きさや診断結果で変わってきますが、おおよその補強工事費用として150 万円程度(※木耐協データより)を目安として下さい。

余計なリフォームは不要。耐震補強のみの工事をできるだけ安く、かつ、安心できる補強計画を希望していますが、そんな要望でも対応してくれる?

お任せ下さい。喜んでお手伝いいたします。
弊社は、地震に強い家をできるだけ多く増やし、
必ず来る地震から多くの命を守ることを「志」としています。
耐震性は妥協することなく、費用を抑えた耐震補強方法を提案いたします。

【木造住宅の耐震改修の費用】 (財団法人日本建築防災協会)

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/file/hiyou.pdf

弊社の理念

家という空間で全ての人が安心して暮らせる住環境を創り上げる!

住む人の命を守る、暮らしを守ること

欠陥住宅を防ぐ 耐震性を高める 防犯性を高める

快適に暮らせること!

夏は涼しく 冬は暖かく 結露・湿気を抑える

維持管理費が安いこと!

光熱費を抑える 家の老化防ぐ

何年経っても資産価値が高いこと!

「家の情報の見える化」=「家のカルテ」

あなたにとって
「安心して暮らせる家」って
どんな家ですか?

ジオ・デザイン一級建築士事務所㈱は
「家のカルテ」という「家の情報」に特化した
今までにない新しい建築士事務所です!
分からないことは何でもご質問下さい。

GeoDesignへのお問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください メールフォームはこちら

専用ログイン