Geo-Design ジオデザイン 一級建築士事務所株式会社

床下の設備配管

作業内容

床下に配管する排水管の材種やジョイント部分の取付状況、勾配の測定、管の固定状況を確認し画像として記録します。また、給水管も同様、使用されている管の材種やジョイント部分、管の固定状況を確認し画像として記録します。

情報を残すメリット

このような設備配管は、日々の生活の中で毎日使用するものなので年数と共に老朽化してくることは、どうしても避けられません。配管が破損してしまえは床下に排水などの湿気がたまり、土台などを腐らせ家の寿命を短くしてしまう大きな原因になってしまいます。 定期的に検査し必要であれば配管を取り替えることが重要になってきます。 そのような時でも、配管の施工状況を画像と図面とで残しておくことで、どんな材料が使われ、どこの床下をどのようなルートで配管されているのか一目で分かるので、リフォームする時の問題点である「床をめくって見なければ費用がいくら掛かるのか分からない」というリスクを回避することができ、正確なリフォーム費用を算出することができるので安心して工事を進めることができます。


お気軽にご相談ください メールフォームはこちら

専用ログイン